September 2011

№1131 中期経営計画

先日、中期経営計画の立案セミナーを開催しました。自社でセミナーを開催することは初めての試みでしたので戸惑うことが多々ありましたがお客様の積極的な取り組みのおかげで良いセミナーになったと思います。まだまだ課題は多いですがお客様にじっくりと時間をとっていただいて職員が一緒になって経営課題や経営計画について考えることはとても重要で有意義だと感じたので今後も継続して開催していきたいと思います。

№1130 講義

9月より法人税法の講義を受けています。昨年は80講程度あるうちの40講程度しか受けることが出来ず、不甲斐無い思いをしました。今年は当たり前ですが全講義を受講します。そして現在通っているクラスが色々とプレッシャーのかかるクラスです。60人のクラスでそのうちの約半数が元教え子という状況です。もう講師ではないのですが元教え子に不甲斐無い姿は見せれないという思いもあり、それ以上に良い手本にならなければと思っています。言葉だけでなく行動を示すことによって想いは伝わると思いますので、私の頑張る姿を示し続けていきます。

№1128 松下幸之助 起業の地

先日、松下幸之助 起業の地を訪れました。偶然、他の用事で近くを通りかかった時に、案内地図を目にしたので、少し寄り道して見てきました。

碑文によると、東成区にあるその地で、松下氏は、22歳で松下式ソケットの製造販売を始められたということでした。 22歳で起業、というと、大変若い気がしますが、15歳から大阪電灯株式会社の配線工として働いていたということなので、社会人となって7年経過しての独立・起業ということになります。その前には、9歳で親元を離れ丁稚奉公も経験しているということですから、社会のいろはを学んだこの期間も含めると、実に13年。今は、大抵のものは、自分で工夫して作らなくても出来上がったものが手に入る時代で、信頼や成功や幸せは、努力せずに、または少しの努力で、すぐに手に入ると勘違いしてしまったり、早く認められたい!と焦ったりしてしまうところがある気がします。この地を訪れて、「経営の神様」といわれた松下氏でさえ、13年の社会人経験の後、四畳半と二畳の借家の小さな工場から始め、困難を乗り越えながら、会社を大きくしたことを知り、信頼や成功、幸せは一足飛びに簡単に手に入るものではなく努力して築きあげていくものであることを改めて教えてもらった気がします。

私が社会人になってから13年経過した年というと35歳ですから、まだまだこれから!という気持ちで、前向きに頑張っていきたいと思います。

№1127 海釣り

土曜日に人生初の海釣りに行きました。昼間はあじを夜は太刀魚を狙いました。ビギナーズラックか・・・周りのひとが釣れていない中、太刀魚を連続で釣れとても楽しい時間になりました。あじはフライに、太刀魚はお刺身にして食べましたが自分で釣った魚を食べるという初めての体験に、いつも以上に美味しく感じ、釣りに夢中になる人の心境がわかった気がします。

№1126 好きな言葉

毎朝やっているスピーチの今回のテーマが、私の座右の銘、もしくは好きな言葉ということだったので、
いろいろ考えた結果、2~3年前に聞いた言葉で、
「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」という言葉を思い出しました。
座右の銘にはしていないですし、好きな言葉でもない気がしますが、時々この言葉を思い出します。
いい言葉だなと思いますし、今の私に一番効く言葉だなと改めて思いました。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ