August 2015

No.2070 石田三成の引き際と散り方

「原点に返る」「歴史は繰り返す」という言葉があります。歴史をひもとくと、我々に大きな示唆を与えてくれます。視点を変えると経営にも活かせることがたくさんあります。ところが、それに気づかないことが多いのです。皆さんの気づきの一助になればと考えてお届けします。

「石田三成の引き際と散り方」

中小企業にとって事業承継は大きな問題であり、それに関連する経営相談は後を絶たないほどです。経営士・コンサルタントの中には事業承継専門の先生もいるほどです。

歴史的に見ても、みっともない幕引きをした人が多い中、独立行政法人中小企業基盤整備機構のサイトで見つけた、意外と知られていない引き際をご紹介します。

 石田三成というと関ヶ原の合戦での大敗であまり良い印象を持たない人も多いかも知れませんが、彼の「死ぬまでは大志に生きる」という生き方はよく知られています。

 ご存知のように光成は、関が原の合戦で西軍が敗れた後、すぐに自害した星群武将の中でもすくない戦場離脱組で、山中に隠れる行動をとりました。村人は彼をかくまうのですが、その村人に害がおよぶのを心配して、東軍に下ります。

 これを思いやりある武将とみるのか、最悪の退き際と見るのか別れるところです。

 家康配下の武将のなかには、「軽挙妄動して兵を挙げ、敗れても自害もせず、捕らえられて生き恥をさらす」ということに痛烈な批判の声が上がりました。これに対して 「敗れて腹を切るなどは葉武者のやること。源頼朝は石橋山の敗戦後、洞穴に身を隠した。その心がおまえにはわかるまい」と三成は返したと言います。

  歴史に詳しい方はご存知でしょうが、頼朝はその後、再起を果たしたのです。三成は、この頼朝の故事を引きながら「死ぬまでの間は再起を望むことこそが真の武士である」と主張したので、自害することこそが「逃げ」と考えたのでしょう。

 三成が処刑直前に、水を所望したのに対し、「水はないが、干し柿がある。水の代わりに柿を食せ」と言われたたが、しかし三成は「干し柿は胆の毒なのでいらない」と答えたという。死ぬ間際に毒の心配をする三成の心は、生の可能性が多少なりとも残っている状況で、最後の最後までがんばったのです。豊臣家の再興という大志をもってのことでしょう。

 経営は生き物と言われますから、ちょっとした失敗だけで倒産してしまうこともあれば、ちょっとした工夫で大成功に繋がることもあります。経営が苦しいからと言って、企業を投げ出しては「ゴーイングコンサーン(企業の永続性)」の基本に反することになります。頼朝や三成に学んで、最後の最後まで知恵を絞ることを諦めてはならないと思います。

 しかし、そうなる前に、経営者は手を打つべきです。

№2069 おでんセール

東京のとあるセブンイレブンでおでんのセールを行うために店長さんがポスターを考案したそうです。
そのポスターがこちら!!
 
IMG_0176
おでんの具材がいい感じに羅列されていますね!
しかし、この配置どこがで見たことあるような・・・・。
そうです、今話題になっているあのエンブレムです(笑)見事な再現率ですね!!
このポスターですが使用する前に念のため実行委員会に問い合わせをしたところエンブレムを連想させるため利用不可という返答があったそうです。
このポスターがNGならそもそもエンブレム自体もベルギー劇場のロゴを連想させるためNGな気がするんですけど・・・。

ちなみにこの店長さん、新たにポスターを作成したのですが、それがこちらです!!

IMG_0177
これまたどこかでみたことあるようなデザインですね(笑)
この店長さん、とてもユニークで面白い方ですね!
このデザインについて詳しく知りたい方は「トートバック フランスパン」で検索してみてください。 

No.2068 世界陸上5日目

先週の土曜日から世界陸上が北京で開催されています。

昨日は、男子200mの準決勝がありました。
注目のサニブラウン選手は、準決勝での敗退となりましたが
最年少での準決勝進出はやはり凄いなと感じました!

400mの決勝では、南アフリカのバンニーキルク選手が優勝しました。
アフリカ勢の優勝は、オリンピックと世界陸上合わせても90年ぶりの快挙らしいです。
自分自身は、アメリカのメリット選手かグレナダのキラ二ジェームス選手のどちらかの優勝だと思っていなので衝撃的でした。

トラック種目が、スタート時の緊張感がすごいです。

まだまだ、楽しみな毎日が続きそうです。




 

№2067 娘

勝部家、大澤家のお坊ちゃまネタに続きまして、うちの娘は最近裸に凝ってます。

女子ですし画像を載せることはできませんが、突然スパッと服を脱ぎ捨て、裸で部屋を走り回ってます。
生尻でイスに座り、ひんやり感に浸りながらジュースを飲んだり。
扇風機の前でお尻を冷やしたり。
ブルブルするマッサージクッションに生尻で乗っかり、ひぃ~~~っと叫んだり。
いろいろしてます。
それはやめなさいと思うようなことも。。

はっきり言って変態です。

私が子供の頃も裸になって飛んでる写真があったりしたので、うちもやはり遺伝です。

来年あたり、大澤家の娘ちゃんが鼻に突っ込んでうへへ~と言ってる報告も楽しみです。




№2066 スマホアプリについて

スマホアプリについて

スマホアプリは、みなさん何かしらダウンロードされていると思います。

このスマホアプリの開発会社の売上とは何か考えてみると、いわゆる課金と言われているもので、

アプリ内でのアイテムの購入に対して消費者がお金を支払うことが、会社の売上となります。

この売上に係る費用なのですが、、、仕入0円ですね。

データが反映されるだけなので、ほとんどの、商売で発生する仕入がない。

つまり、売上=粗利。

さらに、仕入れた商品の傷みやロスといったコストもない。

流行っているスマホアプリの運営会社が軒並み利益がすごいことになっているのは、

そういったことが要因としてあると思われます。

普段、自身の生活に関わることで、違った切り口で物事を見ると、また違った面白みが発見できるものです。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ