June 2019

№3064 極める

大阪事務所の家倉です。

1日の大半が自分のための時間だった昔から、色んな立場に置かれて求められる存在になった今、
時間を何に使うかがとても大事だなと思います。


そんな貴重な時間を使って私が長年してることの一つにパン作りがあります。
つい先日プロとして活躍していた人がしている教室へ初めて行ってみたのですが、やっぱりそうそうこういうの知りたかった!と思っている人のそばには同じように求めている人が集まる
ものなのだと実感しました。。。

家でも早速!とすぐに行動にはまだ出れていませんが、細々と同じような友達と一緒に楽しんで続けていけたらと思っています。

趣味は浅く広くたくさんもった方がいいよとおばあちゃんに言われたのを思い出して、
まだまだ楽しみを増やしていけたらいいな。。。。
面白い趣味お持ちの方是非教えてください!!

№3063 神戸牛

大阪事務所の上瀧です。


先日、お友達が大阪まで遊びにきたので
神戸南京町にある神戸牛のお店にステーキを食べに行きました。
カウンターに座って目の前で焼いてくれるのです。もう贅沢!
でも後ろにはスタッフの方が控えているし、アホな話はできないし、
ただただ緊張するのみでした。
早々食べて、「こっちの方が落ち着くねー」と結局南京町で食べ歩き。
ごま団子、豚まん、コロッケ…。

それでもいつかは優雅にシャトーブリアンなる高級肉を食べてみたいもんです。

№3062 G20

大阪事務所の川崎です。


明日から大阪がG20の影響で交通規制やらなんやらで大変になります。

淀屋橋周辺もビジネスホテルが多いため、外国人がいつも以上に
いる気がします。

中小企業にとっては物流等売上や利益に影響が出そうなところも多いようです。

これだけ一般市民に影響が出ているからには、有意義な話し合いのもと世界が平和で明るい
方向に向かうことを願っています。
あと台風で飛行機が飛ばず中止になることがないように願っています。

№3061 簿記とは

大阪事務所の西本です。

突然ですが、簿記とは何なのか、ということをよく考えます。
簿記の参考書がたくさんありますが、
仕訳について書かれているだけで簿記とは何ぞやは書いていないような気が・・・?

調べてみると、日本では「bookkeeping」に当て字で「簿記」です。
bookとは?になると、「記録する」という動詞になるようです。
wikipe〇〇aさんに聞くと、複式簿記はイタリア発祥で、
「簿記こそ、人間の精神が生んだ最も美しいものの1つである」
とゲーテ先生に言わしめる発明みたいでした。

実務で触れ合っていると、
仕訳とは右と左に分けること、現金は増えたらうれしいので左、
ぐらいの認識しかないですが、たくさんの帳票や記録を仕分けることで
A4 2枚のぺら紙(貸借対照表、損益計算書)ができ、
2枚のぺら紙で一つの組織のお金の流れや大きな構造、体質などが
わかることは確かに偉大だな、と調べて気づかされました。

真摯に向き合っていきたいと思います。

№3060 梅雨入り  

北大阪事務所の橘です。

早いもので、もう6月最終週となりました。2019年も半分終わってしまいます。
近畿地方はまだ梅雨入りもしておらず、(今年はないかもとの噂も耳にしますが・・・)季節感のない昨今。体の不調を感じられる方も多いようです。今週水曜から、天気予報には傘マークが並んでいるので、ようやく梅雨入りするのでしょうか?降りすぎると困りますが、降らないのも困りますよね。先日、友人が温暖化が進むと雨も降らなくなると言っていました。
ただでさえ資源のない日本。水だけは死守したいですね。
梅雨が明けたら、もう真夏のような暑さになるのを覚悟しながら体調管理に努める日々です。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ