image
お盆を過ぎてなお残暑厳しい日が続いていて、休日のお昼ご飯には「素麺!」の出番が多いのではないでしょうか?
我が家では、ついつい市販の麺つゆを使用するのですが一回では使い切れず他の料理に活用しています。
代表格が「野菜の揚げ浸し」です。
濃縮タイプはそのまま、ストレートタイプには醤油やみりんを足し同じく余った生姜の擦りおろしと大根おろしを加えてタレを作ります。
後は茄子やししとう等の夏野菜や玉ねぎ人参かぼちゃ(今回はさつまいもとモロッコいんげんも)を素揚げしタレに漬け込むだけです。
生姜と大根おろしでさっぱりしていて野菜が沢山摂れ、揚げているのでカロテンの吸収も良く夏バテ気味の体にもお勧めです。
なにより、3日程は保存が効くのが嬉しいです。