北大阪事務所の甲斐です。

2月から東京に転勤になった次女が、週末に戻ってきました。
一人暮らしで食事も大した物も作ってないだろうし、何より娘の喜ぶ顔か見たいので、張り切って料理を作りました。
日曜日の夕方の新幹線で東京に戻るので、夕食の準備をしていた時、ふと車中で食べるお弁当を作ろうと思いつきました。
お弁当を作る時、思い出した事があります。
30年くらい前、実家の山口から大阪に新幹線で戻る時同じ様に母がお弁当を持たせてくれました。
おにぎりに玉子焼き、ウインナーと、あと私の大好物の塩サバのお弁当…。今で言うならインスタ映えには程遠い、どちらかと言えば隠して食べたくなる様な『THE 弁当‼️』です。
でも、これがむちゃくちゃ美味しくて…。母の愛情と離れて暮らす寂しさとで新幹線の中、一人泣きながら食べた事を思い出したのです。
いつの時代も、母が子を思う気持ちは変わらないですね。
娘は私のお弁当、どんな気持ちで食べたんだろう…。
身体に気をつけて…母より。