大阪事務所の水門です。

来年10月の消費税引き上げへの対策として住宅ローン減税の延長を検討しているそうです。
現行制度では、住宅を新築、リフォームした際にローン残高に応じて最大で年間50万円の減税が10年間受けられます。
これを減税を受けられる期間を3年間延長し13年間とする案を検討しているそうです。
また、その間は最大で建物価格の2%分を減税して消費税増税分の負担を実質的に無くす案も検討しているそうです。

住宅や車など高額な買い物に関しては、消費税増税前にという形で急いで購入という手もありますが、このように減税などの対策で増税後の方がいい可能性もあると思います。
高額な買い物を増税前にと検討されている方は、減税等の増税対策が出そろうまでよく検討された方がいいかもしれませんね。