北大阪事務所の大藤です。

孫が高校受験をしています。
数年前娘の受験に気をもんだ経験があるはずなのに、いざ孫の事となると心配で心配で直接孫には聞けず取りあえず娘にラインで確認をしました。
返事は「受かった」だけでしたがほっと安心することができました。
私は子供が一人しかいないので何回もこういう経験をすることがありませんでしたが、娘は3回もこういう思いをするんだなと思いました。
しかし、心配することも3倍ですが、子供からもらえる喜びも3倍なので、やっぱり子供は多い方がいいなと感じる一日でした。
1か月後に公立高校の合格発表で又ハラハラしますが、ばあばとしては合否にかかわらずよく頑張ったねと声を掛けてあげたいと思っています。