北大阪事務所の大藤です。

先日、日本庭園の「ホタルのゆうべ」に行って来ました。
6?年生きてきて一度もホタルを見たことがありませんでした。見てみたいという気持ちがあったものの、きっかけもなかったのです。
当日の日没時間を調べて7時過ぎに到着しました。まだ明るくてなかなか暗くならず、待つこと1時間、やっと暗闇につつまれました。
現地では写真撮影禁止とのことでした。目で見るだけではなく写真に収めたかった私は少しがっかりしましたが後で禁止の意味がわかりました。
庭園の中は行燈のようなライトが道端の所々に置かれていて、これもホタル観賞のセットの一つだと思いました。
歩くこと数分で教えてもらった方角を見るとほんとに小さくて消えそうな灯りがポツンと見えました。目をこすったり、こらしたりしないといけないくらいでしたが、時間がたつにつれ数が増えていきました。
ホタルの灯りは、点滅したり数秒灯っていたり又、目の前をすーと流れて行ったりしてくれました。
ほんの1時間ほどでしたが小さな虫があたえてくれる感動でした。
この場所でカメラのフラッシュがたかれると台無しです。撮影禁止の意味が最後にわかりました。
いつかまた、もっと数多くのホタルが見れる旅を計画してみたいと思いました。