大阪事務所の戸田です。

令和になって3か月目になりましたね。
世間的にはもう根付いてきた令和ですが、私たちは過去の申告書や試算表を作成しますので、申告書に平成と令和が入り混じっていて非常にややこしくなっています。
冷静に考えると5月以降は「令和」4月以前は「平成」と分かるのですが、焦っていると平成31年5月やH31.5月と記載してしまいます。
また、元号が発表になる前の資料だと普通に平成31年5月や6月と記載されている書類を見かけますので、そういった書類を見ながら申告書を作っているとよく間違えます。

完成した書類は落ち着いて確認しないと恥ずかしい間違いが起こります。
もちろん間違いの無い様にチェックしております!重点的に!当然です!

皆さまも過去資料を作成される際はお気を付けください!