北大阪事務所の大藤です。
今年の阪神タイガースの残り試合は40程となりました。
現在セリーグ第4位に位置しております。
毎年のことながら、どんなに負けても、前日情けない試合だったとしても甲子園球場は満席で応援にも力が入っています。そういった阪神ファンに頭が下がります。
その応援の凄さにパリーグから移籍してきた選手などは委縮してしまうそうです。又、阪神タイガースの新人選手も同じだと思います。
我が家ではJCOMで野球観戦をしているので、阪神戦に限らず交流戦、オールスターすべてが見れます。
先日の広島戦をJCOMの放送で見ていた時の事でした。近本選手がホームランを打った時の事ですが、ポール際ギリギリだったのでテレビで見てもわかりにくく解説者も静かにアナウンサーと別の話をしており、ホームランとわかったののは数秒後のことでした。SUNテレビの野球放送だとうるさいくらいホームラン・ホームランと知らせてくれるのになんという放送席かとがっかりしました。その時ふと思ったのですが阪神の選手は最初は気負いするだろうけどその凄い応援に背中を押されるようになるのかなと。そう思ってもらってせめて残りの甲子園での試合に1つでも多く勝ち星をあげてもらいたいと願っています。