大阪事務所の西本です。

ふと疑問に思い、調べました。
決算「書」・貸借対照「表」・損益計算「書」。
どちらも「表」でいいのでは?
どちらも「書」でいいのでは?

表=事柄が一目でわかるように整理して記したもの。
書=事柄をかきつけたもの。文書や手紙。本。

全く違うものでした。

英語を調べたら、

貸借対照表(BS:Balance Sheet)
損益計算書(PL:Profit and Loss statement)
直訳?:調和している1枚、利益と損失の計算書

でした。

なかなか奥が深いです。
損益計算書は忖度があるような、ないような気がしますが、、、

基本の「キ」の字ですらないので教えてもらえないことではありますが、
歴史の重みを感じました。