神戸事務所の樫林です。

 

「茅の輪くぐり」ってご存知でした?読み方は「ちのわくぐり」

 

私は、この度初めて耳にし、初めて「茅の輪くぐり」を体験しました。

 

まだまだ知らない事が沢山ありますね(^^)/

 

 

 

神社の行事、神事の一つで、630日と12月の大晦日に行われる大祓。

 

6月のものは「夏越の祓」(なごしのはらえ)、12月のものは「年越の祓」(としこしのはらえ)と呼び分けられていて、630日の「夏越の祓」では、多くの神社で

 

境内に茅(かや)で作れた大きな輪が設置されています。(知らなかった~)

 

「茅の輪くぐり」は、
心身を清めて厄を払い、無病息災や家内安全を祈る行事だそうです。

 IMG_1682

 IMG_1683















 

















神社によって作法は違いますが唱えごとをしながら茅の輪を左回り・右回りしてから拝殿でお参りします。

 

代表的な唱え詞「祓へ給ひ 清め給へ 守り給ひ 幸へ給へ

 

(はらえたまい きよめたまえ まもりたまい さきわえたまえ)」

 

神様にお祓いとお力添えをお願いする意味があるそうです。

 
今年も前半の終わりの節目として、コロナの終息も願いつつ、浄化と厄払い、そして後半も無業息災・家内安全を祈願してまいりました。


 

 

又、夏越の祓に「水無月」という和菓子を食べる習慣があるそうで

 IMG_0456















水無月は白のういろう生地に小豆を乗せて、三角形に包丁されたお菓子です。

小豆は悪霊ばらいの意味があり、三角の形は暑気を払う意味があるそうで、こちらも有り難くいただきました(^^)/