大阪事務所の勝部です。

昔から二宮金次郎さんのことは小学校の銅像ということは知っていたのですが、思想であったり、どんな人だったかは実は知りませんでした。

ninomiya_kinjirou2

















最近、二宮金次郎さんの書籍を見る機会があり、どんな人でどんな思想を持たれていたかを少しだけ知ることが出来ました。

元々百姓ですが、当時の小田原藩の財政再建などを任された方です。

二宮金次郎と言えば「積小為大」でしょう。

大事を成さんと欲する者は、まず小事を務むべし。
大事を成さんと欲して小事を怠り、その成り難きを憂いて、
成り易きを務めざる者は、小人の常なり。
それ小を積めば大となる。

また「報徳思想」も有名ですね。

報徳思想とは至誠を基本とし、勤労、分度、推譲を実行するという考え方
「至誠」
まごころ
「勤労」
物事をよく観察・認識し、社会の役立つ成果を考えながら働く
「分度」
自分の置かれた状況や立場をわきまえ、それぞれにふさわしい生活をする
「推譲」
将来に向けて、生活の中で余ったお金を家族や子孫のために貯めておく(自譲)

他人や社会のために譲る(他譲)

これが日々実践できれば立派な人間になれそう!そう思えた今日この頃です。