梅本 沙恵

No.2675 親知らず終了

大阪事務所の梅本です。

今日娘が2本目の親知らずを抜いてきました。
1本目よりも不安は少なかったようですが、日に日に、青痰が目立ち痛そうでした。
しかし、親知らずを抜いたおかげか少し顔周りがスッキリして見えました。

娘によると、抜くときは痛くはないらしいのですが脳に直接バキバキッと音が響いてそれが苦痛だったようです。

麻酔が切れた後は思ったよりも痛くなかったみたいで安心しました。

 

No.2655 自宅外壁工事

大阪事務所の梅本です。
       
自宅を建てて13年目にして、外壁工事をしました。普通は10年程でするらしいのですが、資金繰りが厳しく、やっとの思いです。

他での工事はどのようにされるかわかりませんが、わが家の工事の内容をご紹介します。(次回の10年先の工事はご紹介できないかもしれません(^_^;)       
       
        2017.9/21   ポーチ屋根外し
                    22   足場組み   屋根壁補修
                    23   高圧洗浄
                    25   屋根塗装
                    26   壁補修  ベランダ塗装
                    28   軒裏塗装
                    29   外壁   2面塗装
                    30   外壁   2面塗装
                 10/3   とい 柱 ポスト  塗装                 
                      4   ポーチ屋根取付   足場外し

途中、日曜日と雨の日がお休みで、延べ10日間の工事でした。 
         
わが家はサイディング壁のため、壁はペンキ屋さんがスポンジ状のローラーで手作業で塗っていました。(吹き付けの壁の場合はローラーではなく、道具を使って手作業で吹き付けるそうです。)
小さな家ですが、外壁4面を2日間で2人の職人で仕上げてしまうのは、素晴らしいです。

国税庁HPより
  所得税法第2条第1項第27号、第72条、所得税法施行令第9条、第206条第1項第3号、所得税基本通達70-10

シロアリによる被害は、所得税法施行令第9条《災害の範囲》に規定する「害虫……その他の生物による異常な災害」に該当し、修繕に要した費用及びそのシロアリを駆除するための費用は雑損控除の対象となります。
なお、所得税法施行令第206条第1項第3号《雑損控除の対象となる雑損失の範囲等》に規定する「被害の拡大又は発生を防止するため緊急に必要な措置を講ずるための支出」とは、切迫している被害の発生を防止するための応急措置に係る費用のように、その費用の支出の効果がその災害による被害の発生を防止することのみに寄与するものをいい(所得税基本通達70-10の2)、シロアリの被害を事前に防止するための費用及びシロアリの駆除とともに行う予防のための費用は、応急的措置に係る費用でないことから、雑損控除の対象となりません。

だそうです、予防のための費用は控除対象ではなく、切迫した被害の発生を防止する修繕でなければならないなんて、少し腑に落ちないのは私だけでしょうか。

自宅がキレイになって嬉しいです、職人さん達ありがとうございます。
                                                                                        
IMG_0172もしかするとポストはサービスかもしれません。
塗装が剥げて、錆びついたようになっていましたから(^_^;)
         
                              


   





 

 

No.2613 梅仕事

   大阪事務所の梅本です。

   少し前になりますが、わが家では恒例の梅仕事をしました。
   梅シロップに梅酒、徳島産の鶯宿(おうしゅく)5kgの青梅のなり口についているヘタを竹串で取り、
やさしく水洗いをし紙タオルで1コずつ水けを拭き、氷砂糖と交互に瓶詰めします。
 梅シロップはリンゴ酢を少量、今年の梅酒はブランデーで作りました。

   梅シロップはサイダー割、昨夏の梅酒(ウォッカ)はストレートでいただいています。
夏バテにも効果がある気がします。

   年々仕込みの量が増えますが、今年は中学生の息子が手伝ってくれて楽しい梅仕事になりました。

    IMG_1906
 

№2604 犬山城へいざ出陣!

 はじめまして6月に入社しました、梅本沙恵です、よろしくお願いします。

 何一つ下調べもせず、夕刻に散歩のつもりで犬山城を訪れました。

 「国宝 犬山城」と知って驚き、履物はビニール袋に入れて持参とあるのに、係の人に履物は入口へ置いたままどうぞ、親切にしていただいたと思ったら...高さ 30㎝ほどの急階段が続く続く。。。
手すりなしでは上がられず、天守に息切れして到着しました。

 天守はパノラマで木曽川と城下町が眼下に広がっていましたが、危なげな柵と幅1mもない通路で緊張と恐怖。
天守から必死に降りました。

 出口で係の人に急な階段で大変ですね、と声をかけると、昔は階段ではなく、梯子ですよと教えていただきました。

 次回訪れるときは、心を正して登ってみたいと思います。
 皆さんもぜひ訪れてみてはいかがですか!

image1


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ