大藤 弥生

№3156 アリス 

北大阪事務所の大藤です。

題名を読むと若い方は不思議の国のアリス を想像されると思います。
おばさんのアリスは「チャンピオン」又、24時間テレビの最後に歌う谷村新司がかつてフォーク時代に所属していたグループです。
ファン歴は私の好きなスターウォーズより古い中学生からのことになります。
復活コンサートが何回かあったのですが見に行く機会がありませんでした。彼らの年齢を考えても最後になるのではと考え応募することにしました。当たるだろうとと軽く考えていたのが災いしたのか、大阪近辺での開催に2回はずれました。出してみるものです。3度目の正直で大阪城ホールで行われるものに抽選で当たりチケットを手にすることが出来ました。
アリスがまだ大阪での活躍だけで日本全国に知れ渡る前の頃、梅田のとあるところでミニコンサートを偶然見ることがありました。
終わった後すぐ前の喫茶店に入られお茶を飲んるところに押しかけると気軽にサインをくださいました。
まさかこんなに活躍するとは思っていなかったのでレポート用紙に書いてもらったサインは1年も私の部屋に飾られることなくゴミ箱に入っていました。
バカほど高いディナーショーにも数回行きましたが、とてつもなくおもしろいトークと懐かしい青春の思い出にひたるために、来年2月7日に大阪城ホールに足を運ぶことになりました。
楽しみが出来ると本当に楽しいものですね。

№3131 季節の変わり目

北大阪事務所の大藤です。

先週まで帰社時はまだ暑い思いをしましたが台風19号が去ってからは、10月らしい秋の気温になりました。
暑い中自転車を走らせていると周りの景色すら見ていなかったことに気づかされました。
一つは歩道を走っているとき「なんだか変な臭いが!」・・・銀杏でした。
歩道に植えられているいちょうの銀杏は落ちると人や自転車に踏まれ見るも無残な姿になり臭いもします。
その姿からあの美味しさは想像できません。
二つ目は町内を走っていると「なんだかいい匂い」・・・金木犀でした。
嫌いな方もおられるかと思いますが私は大好きで秋だなと感じることができます。
秋が去ると繁忙期が待っています。季節の変わり目に体調を崩さないよう生活に気を付けたいと思います。

№3110 スターウォーズエピソード9公開!!

北大阪事務所の大藤です。

スターウォーズエピソード9が年末に公開されるとテレビで放送されていました。
私のファン歴は、最初のエピソード4がアメリカで公開されたのが1977年なのでおよそ40年になります。
度肝を抜かれたとか目からうろこなどという言葉では表せないくらいの衝撃でした。
今みたいにCGなどはなく、後々に知ったことですがスポンサーもなかなか見つからず低予算で発進したそうです。
それでも宇宙での戦闘シーンはとても臨場感あふれるものでした。
スターウオーズの魅力の一つに公開の順番があります。
主人公の活躍から始まる4~6、一旦中断され10年くらい経った頃に1~3が公開されました。主人公の両親の出会いから出生までが描かれています。最後だと思われる7~9は主人公の子供の世代の話で最初から最後まで話が繋がるという本当に長いストーリーの映画です。
今はジョージ・ルーカス監督作品ではないので、往年のファンには少し違和感を覚えることがありますが、7~9だけを見る若い方達も虜に出来るような内容になっているようです。
是非お時間があれば見てみてください。私は今回も12歳のかわいい男の子とのデートで行く予定です。

№3090 阪神タイガース

北大阪事務所の大藤です。
今年の阪神タイガースの残り試合は40程となりました。
現在セリーグ第4位に位置しております。
毎年のことながら、どんなに負けても、前日情けない試合だったとしても甲子園球場は満席で応援にも力が入っています。そういった阪神ファンに頭が下がります。
その応援の凄さにパリーグから移籍してきた選手などは委縮してしまうそうです。又、阪神タイガースの新人選手も同じだと思います。
我が家ではJCOMで野球観戦をしているので、阪神戦に限らず交流戦、オールスターすべてが見れます。
先日の広島戦をJCOMの放送で見ていた時の事でした。近本選手がホームランを打った時の事ですが、ポール際ギリギリだったのでテレビで見てもわかりにくく解説者も静かにアナウンサーと別の話をしており、ホームランとわかったののは数秒後のことでした。SUNテレビの野球放送だとうるさいくらいホームラン・ホームランと知らせてくれるのになんという放送席かとがっかりしました。その時ふと思ったのですが阪神の選手は最初は気負いするだろうけどその凄い応援に背中を押されるようになるのかなと。そう思ってもらってせめて残りの甲子園での試合に1つでも多く勝ち星をあげてもらいたいと願っています。



№3074 母

北大阪事務所の大藤です。


母がアルツハイマーと診断されてもう14年になります。
その当時の医学の話では診断されてから7~8年で全くわからなくなるということだったので、かなりショックをうけたものでした。
最近の状態は、週に一度位24時間眠ります。私が行く土日とそのタイミングが合うと悲しくなり帰路につきます。
起きていても会話は成り立たず、窓に向かって何か話している姿を見つめるしかありません。
怒った口調だと昔怒らせたことを思い出したり、笑って話していると私達姉妹が幼かった頃に戻っているのかと感じます。
食も細くなりいつ父が迎えに来るかわかりませんが、時間をつくり出来るだけ顔を見に行きたいと思っています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ